サハリンのミニバレー愛好者から日本のミニバレー愛好者へ新年の挨拶を申し上げます。

2022年は全日本ミニバレー協会規則での日本式ミニバレーがロシアで始まり20年の年となります。

未就学児、学生、勤労者、お年寄りや体の不自由な人たちがミニバレーに取り組んでいます。

貴殿、そして全日本協会の皆さまへ、その御貢献、御支持に感謝申し上げます。

残念ではありましたが昨年のコロナウイルスの状況を受け、予定した交流、大会はすべて取りやめとなりました

この節目の年、我々の交流が可能となり、健康な生活を作り上げ、体力づくりのためミニバレーを評価し、地域、連邦、国レベルでミニバレー愛好者の協力の結果を協議し、その国際スポーツとしての将来的な発展を話し合えるよう期待します。

新しい2022年をすべてのミニバレー愛好者の方々にお祝い申し上げます。

家族そして友人間での素晴らしい交流、活力、オプチミズム、健康を祈念いたします。


                  国立サハリン大学教授

                      P・パシュコフ 先生より

閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【 開 催 要 項 】 1.主  催  一般社団法人 全日本ミニバレー協会 2.主  管  第34回ミニバレージャパンカップ2022in十勝 実行委員会 北海道ミニバレー協会・十勝ミニバレー協会 3.後  援  北海道・北海道教育委員会・帯広市・帯広市教育委員会 (公財)北海道スポーツ協会・(一財)帯広市スポーツ協会・十勝毎日新聞社 北海道新聞社・読売新聞北海道支社・朝日新聞北海道支社・毎日新聞北