サハリンのミニバレー愛好者から日本のミニバレー愛好者へ新年の挨拶を申し上げます。

2022年は全日本ミニバレー協会規則での日本式ミニバレーがロシアで始まり20年の年となります。

未就学児、学生、勤労者、お年寄りや体の不自由な人たちがミニバレーに取り組んでいます。

貴殿、そして全日本協会の皆さまへ、その御貢献、御支持に感謝申し上げます。

残念ではありましたが昨年のコロナウイルスの状況を受け、予定した交流、大会はすべて取りやめとなりました

この節目の年、我々の交流が可能となり、健康な生活を作り上げ、体力づくりのためミニバレーを評価し、地域、連邦、国レベルでミニバレー愛好者の協力の結果を協議し、その国際スポーツとしての将来的な発展を話し合えるよう期待します。

新しい2022年をすべてのミニバレー愛好者の方々にお祝い申し上げます。

家族そして友人間での素晴らしい交流、活力、オプチミズム、健康を祈念いたします。


                  国立サハリン大学教授

                      P・パシュコフ 先生より

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ミニバレーにとって「誕生50年の記念の年」コロナ感染症第6波の襲撃という 厳しい環境に喜びと不安の入り交じる毎日です。 皆様どのように新春をお迎えでしょうか。 50年の大きな節目の年にあたり、名もなかったミニバレーの普及振興に熱い心で汗を流 して下さった今は亡き多くの諸先輩、ご指導、御支援頂いた皆様。 また、今日まで地域で、国外で必死に努力されている諸兄妹、仲間のの皆様に改めて深く 敬意を表し、感

2021総会で、開催を未定としていた、第33回ジャパンカップ(予定道央)、第28回全国フェステイバル(沖縄・糸満市)は、新型コロナウイルス感染症の状況により、理事会で協議の結果、今年度は中止と決定しました。 また、全国フェスタ(東京・目黒)は、参加者を限定して行なわれました。