ミニバレーの大会が開催

最終更新: 2020年11月6日

我が校では9月、新学期が始まり、ミニバレーの大会が開催されました。いつもの事ではありますが、

華々しくエネルギッシュな開催となっております。

(タマラ先生よりの情報)


さて、ロシア、ウラジーミル大学のタマラ先生のご紹介です。

タマラ教授とのであいは、2011年 「第5回人間・健康・スポーツ国際会議」(サンクトペテルブルグ市で開催)に小島とパシュコフ教授が参加したときに初めてお会いしました。このときバイルさんとの出会いもありました。2017年には地元・ウラジーミル大学で国際フォーラム「MVザラトエカリッオ大会」(小島とかって同大に留学した通訳の靍田さんと参加)を企画していただきました。

バトツイレノヴァ、タマラ教授から今年もウラジーミル大学でミニバレー大会が熱く開催された旨の報告がありましたのでお知らせします。

 ウラジミール国立大学のバトツイレノヴァタマーラ教授は、毎年9月、授業で行なっている学生を対象に大会を実施しているほか、第30回ジャパンカップ札幌大会に招聘し、姉妹校の北海学園大学を表敬されたり、アメリカ・イリノイ州立大の留学生に対するミニバレー指導を行ないアメリカへの普及振興にもご活躍いただいています。

 ロシアのコロナ禍も大変な状況のようですが、サハリンでもウラジミールでも注意しながら大会を実施しているとのことです。

40回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示