ミニバレー大会、イベント再開に向けた感染拡大予防ガイドラインについて

最終更新: 2020年9月26日


「ミニバレー協会の競技特性に応じた感染拡大予防対策」

(基本的な考え方)

現下のコロナ感染拡大予防対策として、公益財団法人日本スポーツ協会等においては「スポーツイベントの再開に向けた感染拡大予防ガイドライン」令和2年5月14日制定(5月29日改訂)してその指針を示している。

さらに各競技団体として、練習・大会・イベント・その他種々の活動に際して、競技特性に応じたガイドラインを作成するように求めているところである。

このような状況に鑑み全日本ミニバレー協会として以下のように、ミニバレーの実施時における「基本的なガイドライン」を作成するものである。

なお、実施にあたっては都道府県知事や日本スポーツ協会及び関連団体の基本的対処方針に従うことを基本とする事はもとより、大会・イベントの開催にあたっては開催地や施設所在地の都道府県、市町村のスポーツ主管課や、衛生部局と十分に相談のうえ判断・対応することが大事である。

協会及び愛好会等で活動を再開するにあたっては、事故等は、あくまでも当事者の自己責任に帰するものであるとの認識・自覚のもとに実施すべきであり、関係諸団体で指示されている安全対応、現場の状況を賢明に判断し、指示事項以外にあっても改良点等あるときには積極的に取り入れ、協会事務局へ連絡するなど仲間への速やかな周知・徹底を図るなど十分な配慮に努め、感染拡大を防止するよう最大限努力する。


「ミニバレー協会の競技特性に応じた感染拡大予防対策ガイドライン」

(主催者としての配慮)参加者募集及び大会・イベント開催時

1. 参加者は、全員の安心、安全のために主催者の指示に従うことを確約

2. 参加者は、体調の不良の時、周囲に感染が疑われる人がいるときは参加

  しないよう注意喚起する

3. マスクを持参・試合中以外は着用することを確約

4. 適宜のこまめな手洗い・消毒に努めるよう適宜督励・指導する

5. 参加者の住所・氏名・年齢・連絡先・電話など基本情報を把握する

6. 参加後体調不良になったときは主催者に速やかに連絡することを確約

7. 受付時・開会式・閉会式時の参加者の3密への十分な配慮をすること

8. ミーティング・懇親会・反省会での3密への十分な配慮をすること

9. 会場内・待機所・応援席での3密への十分な配慮と大声での声援の禁止

10. 試合中の大声での会話、声援、ボデータッチ・ハイタッチの自粛要請

11. 随時の十分な休憩と喚気に配慮すること

12. ボールの丹念な消毒と市販の空気入の使用、飛散した汗の処理など衛生面に配慮・ホ イッスルは共用しないことを指示

13. 飲み物・タオルを共用しないよう指示

14. ゴミ・飲食物の残渣・容器は各自持ち帰るよう指示

15. 総ての責任は自己に帰することを自覚してすることを確約

16. 感染防止・安全対策に最大限配慮して実施すること

17. 感染拡大に有効な方法・対策に気づいたときは速やかに全日本ミニバレー協会事務局 や加盟団体等に連絡し、他の団体・会員に周知徹底を図る

(参加者の遵守事項)

1. 主催者の指示事項には全面的に従い協力すること

2. 必ずマスクを持参して、試合中以外は必ず着用すること

3. 大会・イベント参加後、感染症を発症したときは速やかに主催者に報告する

4. こまめな手洗い・消毒に努めること

5. 受付時・開会式・閉会式時等常に3密にならないよう注意して行動する

6. ミーティング・懇親会・反省会でも3密を避けるよう配慮すること

7. 会場内・待機所・応援席での3密を避け大声で声援しないよう注意

8. 試合中の大声での会話、ボデータッチ、ハイタッチ、終了後の握手などの接触は自粛 する

9. 総ての責任は自己に帰することを自覚してすること

10. 感染防止・安全対策に最大限配慮して行動すること

239回の閲覧1件のコメント