ロシアミニバレー連盟からのメール

ОБЩЕРОССИЙСКАЯ ФИЗКУЛЬТУРНО-СПОРТИВНАЯ ОБЩЕСТВЕННАЯ ОРГАНИЗАЦИЯ «ВСЕРОССИЙСКАЯ ФЕДЕРАЦИЯ МИНИВОЛЕЙ



354002, г СОЧИ, ул.Учительская, 24Г тел.89180724069 e-mail; minivolleyrussia@yandex.ru



小島さま

いつも大変お世話になっております。 3月2日ミニバレーの日のメッセージどうもありがとうございました。拝読して、心強く感じました。これからもミニバレーを頑張りたいと思っております。 ロシア国内もコロナのことで様々な制限がありますが、スポーツの練習もできるようになりましたし、大会も開くことができます。ただし、観客の人数は制限されており、皆マスクをつけなければいけません。 3月27-28日にソチにて全ロシアミニバレーカップを開催いたします。小島さんはおいでになれないのは非常に残念です。ロシアの各地から多くのチームが集まります。その人たちのミニバレーに対しての熱い気持ちは写真で伝わるかどうか分かりませんが、できるだけ画像や動画に納めてお送りいたします。 ボールのことですが、了解いたしました。こちらも状況が変わること首を長くしてお待ちしております。ミニバレーに興味を持っている人が段々多くなっていますから、その人たちの気持ちとニーズに答えるように頑張りたいと思っております。 今年何とかコロナが収まって、皆は普通の生活に戻ることを心から祈っております。 ソチはもう暖かく、+10℃ぐらいですが、他の地域はまだマイナスの気温で、雪がまだ解けていないところがほとんどです。北海道はどうでしょうか。 季節の変わり目でお体をお気をつけてくださいませ。 ガリーナ

31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

一般社団法人 全日本ミニバレー協会  第4期定時社員総会終了のご報告

日頃、当協会の活動対し皆様にはご指導・ご支援を賜り深く感謝申し上げます。 世界中を脅威に陥れ、暮らしと命を脅かしている新型コロナウィルス感染症。2年目に入りましたが、経済・生活・文化などあらゆる活動が制約されていて、いつ終息するかもしれない状況に相変わらず困惑する毎日です。 さて、「一般社団法人全日本ミニバレー協会第4期定時社員総会」は、当初の予定を1ヶ月延期し、緊急事態宣言解除後の6月27日、発

「ミニの日(3月2日)によせて・・・世界の仲間の皆さんへ 発祥の地・大樹町からのメッセージ

「ミニの日によせて・・・・・世界の仲間の皆さんへ 発祥の地・大樹町からのメッセージ」 2021年3月2日。日本各地はもとより世界中の協会・愛好者の皆様に、大雪の降る春まだ遠い発祥の地大樹町から「ミニバレーの日」のお祝いのメッセージを送ります。 36回目の今年は、いまだ新型コロナウイルス感染症が終息せず、日常生活の自粛が続く中迎えました。 昨年は、「2020/東京オリンピックの年、仕事や日常生活が平

全ロシアミニバレー協会 ガリーナ会長

年頭のご挨拶です   2021/01/14 全ロシアミニバレー連盟から新年のお祝いを申し上げます。 コロナウイルスの状況が改善され、希望と楽観を抱き、平和とスポーツの祭典である東京オリンピックの開催を期待しております。 全日本ミニバレー協会との協力のもと、全ロシア連盟はミニバレーの世界での発展に尽くしてまいります。 今年度は連盟の、拡大する我々組織が運営する大会計画実行を計画してまいります。 第一