top of page

第29回全国シニアミニバレー大会兼  第27回OKINAWAミニバレーフェスティバル3年ぶりに開催される  

更新日:2023年4月13日

今年度の大会は、ミニバレー誕生50周年記念、糸満市市制施行50周年記念、さらに沖縄祖国復帰50周年を祝う協賛事業として開催された。


 大会を主管する糸満市ミニバレー協会では、いまだにコロナ感染症の禍中にあり、参加者が集まるのかという不安もあったが、“コロナに負けない”との気持ちで開催することになった。幸い北海道11、東京都1、埼玉県1、神奈川県1、千葉県1、鹿児島県沖永良部知名町1の単独チームに栃木県、茨城県の合同チームも含めて22チーム。沖縄県内は7市町から愛好者33チームの合せて55チーム。来賓を含めて302名が参加して開催出来た。


 大会別では、「全国シニア大会」が女子50歳代、60歳代、混成50歳代、60歳代フリー、70歳代フリーの5種目に140名。「OKINAWAフェスタ」は、エンジョイの部、一般スポーツ推進員の部、一般混成40歳未満の部、40歳以上の部、障がい者の部の5種目に142名が参加した。

 

 開会式に先立ち、「龍神太鼓」の皆さんが、迫力ある歓迎の「エイサー」で会場の雰囲気を盛り上げた。






 引き続き開会式がおこなわれ、開式宣言の後、金城正繁副会長が急逝されたため、感謝とご冥福を祈り黙祷を捧げた。

 ついで「であい・ふれあい・わかちあい」の心と「イチャリバチョーデー」の心で沖縄大会に参加・協力した15名に上原会長から表彰状が授与された。

 本年度の表彰者は、5回参加者で大竹栄子、古川嘉子、佐々木瑞穂(北海道浜中町)、斉藤光、川田美代子(小樽市)、坂本勝明、小椋淳子(音更町)、千葉勉(旭川市)、青木一則(江別市)、井上聡(東京・目黒)。10回参加者では高橋幸子(大樹町)、元栄淳一(鹿児島県知名町)。15回参加者で新家加代子(旭川市)小野田好美(東京・目黒)。20回参加者で渡部幸廣(東京・目黒)の各氏である。琉球ガラスで特別製作の表彰状(楯)がそれぞれに贈られた。


 小島全日本会長、上原沖縄会長の挨拶の後、市長の歓迎、議長の激励の言葉。旭川協会の選手全員によるユーモラスな選手宣誓があり、式を閉じた。

 なお、今大会で7回目を迎えた障がい者の部は、糸満市福祉部、糸満市社会福祉協議会、4箇所の施設の職員・指導者の全面的な協力の下、和気あいあい開催された事は、嬉しい事であった。


 小島会長から障がい者の選手全員に一足早いバレンタインデープレゼントとして六花亭のチョコレートがプレゼントされた。


 また、障がい者の部の表彰式では、自身も片腕をなくした障がいを持つ当協会の青木事務局長が表彰を行ない、参加者に熱い激励の言葉を贈り参加者を勇気づけた。


 主催者側は、コロナ対策に配慮して、試合を運営。閉会式は行なわず、部門ごとの表彰を行ない、懇親会も少数の希望者で行なった。


 日本列島雪深い氷点下20度の北海道、ハイビスカスなど花々の咲く南国沖縄は25度の暖かさ。ミニバレー仲間がコロナ禍を乗り越えて、久し振りに沖縄で再会し、友好を深める心温かい大会となった。

 今大会には、一般社団法人全日本ミニバレー協会・東京ミニバレー協会顧問の鈴木隆道氏も駆け付け参加者を激励していただいた。感謝である。


 沖縄ミニバレー協会の皆さん、ご支援いただいた関係者の皆様に心から感謝を申し上げるとともに、今後の沖縄・九州ブロックの益々の普及発展を期待したい。参加者の皆さん、沖縄の役員、関係者の皆さん お疲れさまでした。

" Move Together !" (ともに進もう!)


         大会の成績は以下の通りである。 

〇全国シニア大会

 女子50歳代の部

   優勝            準優勝           3位

eyes・FUNアインズファン(札幌市)  クリオネ(小樽市)   関東リーマアム(東京連合)

   

女子60歳代の部

  優勝            準優勝           3位

ダッシュ(音更町)     MV紫ドーン(沖縄・旭川)  momoモモ(浜中町)


混成50歳代の部

   優勝            準優勝           3位

オールJapan(北・東・沖)  nexusネクサス(当別町)   新鮮とまと(糸満市)

   

フリー60歳代の部

   優勝            準優勝           3位

 音更昴(音更町)     常勝群団(糸満市)     春夏秋冬(糸満市) 


フリー70歳代の部

   優勝            準優勝           3位

友・誘・遊(音更町)    一期一会(北海道・東京)  音更らんらん(音更町)


〇 OKINAWAフェスタ 一般の部

エンジョイの部

   優勝            準優勝           3位

 ビックツリー(八重瀬町)  ニャンコ27号車(那覇市)


混成40歳未満の部

   優勝            準優勝           3位

 シマエナガ(小樽市)    平成もどき(糸満市)    ケンクラNo.1(糸満市)


混成40歳以上の部

   優勝            準優勝           3位

 クラフト鎌倉(鎌倉・糸満)  マリモ(小樽市)    七転び八起き(糸満・浦添)


スポ進の部

   優勝            準優勝           3位

南城スポ進(南城市)  糸スポタイガース(糸満市) 豊見城市スポ進(豊見城市)


障がい者の部

   優勝            準優勝           3位     

和 順(糸満市)      TEAMぴゅあ(糸満市)   糸身障協会(糸満市)

 特別賞 チームたまん(糸満市)   


  各部門ごとの優勝チームの皆さん(おめでとうございます!)

   〔 全国シニア大会の部 左上から 女子50歳代・60歳代・混成50歳代

    フリー60歳代・フリー70歳代 〕


 OKINAWA フェスティバルの部 左上から エンジョイの部 混成40歳未満の部 

  混成40歳以上の部 スポ進の部 障がい者の部 〕











閲覧数:246回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第28回OKINAWAミニバレーフェスティバル終了 お礼

各位 沖縄県ミニバレー協会 会長 上原 和市 春寒の候、貴殿におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 日頃より、当協会に格別なるご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、「であい ふれあい わかちあい」をモットーに全国のミニバレー愛好者が集い、日頃の練習の成果を競い、会員相互の交流を深めると共に健康増進に寄与するため開催しました第28回OKINAWAミニバレーフェスティ

第30回読売杯北海道155ミニバレー大会

読売新聞北海道支社と北海道ミニバレー協会が主催する、第30回記念北海道北海道155ミ 二バレー大会が、1月20日・21日の2日間札幌市南区体育館で行なわれた。 大会には東京や千葉、道内各地の愛好者63チーム253人が集い、女子、混成、フリーの3部門、予選リーグ・決勝トーナメント戦を行ないコートでは熱戦が、また試合の合間には各地から参加した懐かしい仲間との交流が繰広げられた。 この大会は、ミニバレー

緊急のお願い!「能登半島地震災害支援」義援金募集

「皆さんあけましておめでとうございます」と笑顔で挨拶をする事が憚られるような事態が発生してしまいました。 「令和6甲辰の年」が幕を開け、今年はどんな年になるのかと思いつつ過ごしていた元日の夕方、石川県能登半島一帯を震度7という大地震が襲いました。そして多くの尊い命が犠牲となり、家屋や道路、漁港も大変な被害を受けました。被災された皆様に心から哀悼の意を表し、お見舞い申し上げます。 発災からすでに18

bottom of page