韓国交流 パク ギゴン氏から お礼状

お元気ですか。慶尚南道体育会のパクギゴンです。

この度のミニバレーの親善交流のために準備し、韓国訪問団を受け入れてくださったことを心から感謝します。

私たち選手団一行は、2泊3日間、日本でいい思い出を作って帰国しました。

HIECC職員の皆さん、北海道ミニバレー協会関係者の皆さん、あらためてお礼を申し上げます。

日本での滞在する期間、私たちはミニバレーを通して心が1つになりました。

いっしょに笑って楽しみ、お互いに配慮し、お互いに励まし、楽しいひと時を過ごすことができました。

その一方、現在、日韓関係が改善されない状況は、本当に残念に思います。

このような状況のなかでの今回の交流は、もっと意味があると思います。

小島会長が歓迎会でお話がありましたように、「日韓関係が今の状況に直面しているときこそ、民間交流が活発に行われていく必要がある」と思います。

この間の交流を通して、私たちは親睦や友情を深め、両国の友好増進にも大きく寄与したと思います。

来年、韓国で日本選手団を受け入れる時、日本で受けた温情を忘れないで、最善を尽くして準備いたします。

私たちは日本選手団を首を長くして待ちます。その時まで、一生懸命ミニバレーを練習したいと思います。

来年、元気の姿の皆さんに会うことを楽しみにしています。

最後、HIECCのご発展、北海道ミニバレー協会のご健勝、また皆さんのご健康、ご多運を祈り申し上げます。

ありがとうございました。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「ミニの日(3月2日)によせて・・・世界の仲間の皆さんへ 発祥の地・大樹町からのメッセージ

「ミニの日によせて・・・・・世界の仲間の皆さんへ 発祥の地・大樹町からのメッセージ」 2021年3月2日。日本各地はもとより世界中の協会・愛好者の皆様に、大雪の降る春まだ遠い発祥の地大樹町から「ミニバレーの日」のお祝いのメッセージを送ります。 36回目の今年は、いまだ新型コロナウイルス感染症が終息せず、日常生活の自粛が続く中迎えました。 昨年は、「2020/東京オリンピックの年、仕事や日常生活が平

全ロシアミニバレー協会 ガリーナ会長

年頭のご挨拶です   2021/01/14 全ロシアミニバレー連盟から新年のお祝いを申し上げます。 コロナウイルスの状況が改善され、希望と楽観を抱き、平和とスポーツの祭典である東京オリンピックの開催を期待しております。 全日本ミニバレー協会との協力のもと、全ロシア連盟はミニバレーの世界での発展に尽くしてまいります。 今年度は連盟の、拡大する我々組織が運営する大会計画実行を計画してまいります。 第一

年頭のご挨拶  

一般社団法人 全日本ミニバレー協会会長 小 島 秀 俊 明けましておめでとうございます。新年を寿ぎミニバレー愛好者の皆様に心よりお慶びを申し上げます。 令和3辛丑年「何事も急がずゆっくりと落ち着いて判断し行動すれば、願いは成就する」と言われます。 日頃ご活躍いただいております当協会の顧問・役員・社員・会員の皆様、そして後援・支援いただいております協賛社、団体、報道機関の皆様、支えてくださっている

© 全日本ミニバレー協会